JCIマーク

Junior Chamber International TAKAYAMA

公益社団法人高山青年会議所

2017年度スローガン「進取果敢〜思うこころを行動に、若い力で突き進め〜」

201701高山青年会議所TOP画像(201701高山風景写真帯)

事業案内・活動報告

事業案内 2017年2月

2月27日 2月第一例会(対内・会員向け例会)

事業概要

設営担当委員会
地域力創造委員会
担当委員長
下田学
開催時間
19時から21時
開催場所
一般財団法人飛騨地域地場産業振興センター5階
講師
高山市企画管理部総務課 川原幸彦 職員研修所長

事業目的

飛騨高山を含む地方では、都市部への若者の流出などの影響から、まちを維持し次世代へ繋ぐことが困難となっています。しかしながら、この困難な状況に悲観するのではなく、今地域に住む若者が集い、絆を深め、次世代に繋がる「まち」のあるべき姿を共に考え、新たな「まちづくり」へ共に歩みを進めることで、困難な状況も打破することができると考えます。

その新たな「まちづくり」を地域の若者と議論するための第一歩として、「まちづくり」を活動目的とする高山青年会議所メンバーそれぞれが地域にどのような課題があるのかということについて見識を広げることが必要です。

また、持続可能な社会貢献活動を行っていくうえで、少子高齢化が進み、労働人口が減少している飛騨地域においては、ボランティア活動や税金を使用した施策を恒久的に続けていくことは困難となってきます。そのため、幅広い見識のもと新たな持続可能性の高い社会貢献活動を検討することも必要となってきています。

これらを踏まえ、地域の若者と「まちづくり」を議論するためにも、組織である高山青年会議所がまちづくりに対しての目的と方向性をより明確にし、議論においてリーダーシップを発揮できるような下地づくりをすることを目的といたします。

事業内容

第一部は、高山市企画管理部総務課 川原幸彦 職員研修所長より「飛騨高山の抱える課題」と題して講演いただきます。観光、商業、工業、農業、福祉など多岐にわたる分野で課題についてお話しいただき、改善すべき課題に対する会員の見識を広げます。

第二部では、ソーシャルビジネスの手法で地域課題を解決した事例について会員に学んでいただきます。本例会を通じて、地域課題に対する見識を広げ、さらにはこれまでの課題解決手法には寄らない考え方を学ぶことで、今後の5月例会、9月例会への参加意欲やリーダーシップ発揮につなげます。

↑このページのトップへ移動する↑

Home > 事業案内・活動報告 > 事業案内 2017年2月 > 2月27日 2月第一例会(対内・会員向け例会)

2017年2月事業案内 目次

2017年事業案内 目次