JCIマーク

Junior Chamber International TAKAYAMA

公益社団法人高山青年会議所

2017年度スローガン「進取果敢〜思うこころを行動に、若い力で突き進め〜」

2017高山青年会議所TOP画像(2017事業写真帯)

事業案内・活動報告

活動報告 2017年3月

3月3日「高山JCまちづくり資金」勉強会(対内事業)

勉強会実施風景

事業概要

設営担当委員会
事務局・財政局・広報局
開催時間
19時30分から21時
開催場所
一般財団法人飛騨地域地場産業振興センター5階
講師
2017年度まちづくり資金担当者:小林幸平

高山JCでは、2007年1月に「高山JCまちづくり資金」という名称で資金の補助事業を創設し、これまで毎年、高山市内で活動する団体・法人等が行う地域まちづくり運動、青少年育成事業の活性化を図るため、多くの事業に対し支援(資金の補助)を行ってきました。これは、日本の青年会議所の中でも唯一の取り組みです。

講師は、今年の担当者である小林幸平が勤めました。

  • 講師を務める、2017年度まちづくり資金担当の小林幸平

この勉強会は、新入会員は勿論、在籍が長いメンバーでもまだ補助金交付の仕組みについて理解が浅いメンバーの為に、毎年開催しています。

この勉強会を重ねることで、メンバー一人一人がこの事業の説明を確実に行えるようにし、会員の身の回りで補助金を必要としているまちづくり団体が見えた場合、会員一人一人が、この補助金の仕組みをしっかりと説明できるようにすることが目的です。

また、この機会を活かして、この資金のありかたや改善点など、意見をもらう場ともしています。

  • 意見を交わす下田地域力創造委員長
  • 意見を交わす桑山理事長
  • 意見を交わす山下アカデミー生
  • 意見を交わす平子専務理事

今年も勉強会の後、どうすればこの資金を、高山市でまちづくり運動を行っている人たちにもっと有効に活用してもらえるのかについて、活発な議論が交わされました。

↑目次へ移動する↑

↑このページのトップへ移動する↑

Home > 事業案内・活動報告 > 活動報告 2017年3月 > 3月3日「高山JCまちづくり資金」勉強会(対内事業)

このページの写真の拡大表示にはLightBoxアプリケーションを使用しています。Java ScriptをONにしてご覧ください

2017年5月活動報告 目次